2014年12月1日月曜日

Paŝo N-ro 8 発行

Paŝo N-ro 8

メキシコの女性エスペランティストAna Fabiolaへのインタビュー(京都大学:武田惇志)
科学における秩序とニュートンの時間空間(東京工業大学:工藤璃輝)
緑の書架【第8回】『わたしの外国語学習法』(京都大学:白川友磨)
D-ro Ĥ の文法相談室
Novaĵoj - Komuna Seminario
記事・編集者募集中

2015年1月29日: 「科学における秩序とニュートンの時間空間」にて、脚注番号が欠落していたため訂正。

2014年11月1日土曜日

Paŝo N-ro 7 発行

Paŝo N-ro 7

第101回日本エスペラント大会
音楽のエスペラント(北海道大学院卒:増田部)
Vojaĝo de Onia(東京工業大学:あさお)
エスペラント・アスペクト(北海道大学:覚知頌春)
緑の書架【第7回】『オトナ語の謎。』(京都大学:白川友磨)
記事・編集者募集中

2014年10月1日水曜日

Paŝo N-ro 6 発行

Paŝo N-ro 6

一高校生としての「希望」(某高校:福本康一)
エスペラントの世界に飛び込んで(京都大学:安西航希)
Esperanto kaj Mangao ~エスペラントと漫画~ その一(北海道大学:KZ)
緑の書架【第6回】『フランス語のはなし―もうひとつの国際共通語』(京都大学:白川友磨)
記事・編集者募集中

2014年8月31日日曜日

Paŝo N-ro 5 発行

Paŝo N-ro 5

Skype 勉強会はじめました!(東京工業大学:浅尾崇史)
わずかにエスペラントと関わりのある映画たち
緑の書架【第5回】『雨森芳洲 元禄享保の国際人』(京都大学:白川友磨)
Novaĵoj Komuna Seminario の詳細が決定しました
記事・編集者募集中

2014年7月31日木曜日

Paŝo N-ro 4 発行

Paŝo N-ro 4

(神戸大学:松岡れん)
エスペラント会のつくりかた(東京工業大学:浅尾崇史)
路上観察学 (1)(北海道大学:KZ)
緑の書架【第4回】『ヘブライ語の父 ベン・イェフダー』(京都大学:白川友磨)
エスペラントのLINEスタンプ製作中!
Novaĵoj 日本大会の青年宿泊について/NRI学生小論文コンテスト
記事・編集者募集中

2014年7月24日木曜日

編集部へのお便り (1)

2014年6月1日、三好鋭郎さまよりお便りをいただきましたのでここで紹介させていただきます。(編)

------------
パーショの編集部のみなさま
この度は、とても新鮮な「Paŝo」をありがとうございます。読ませていただき、
若い息吹をいっぱいに感じました。ここに、私の意見をお送りさせていただきます。
もし、さしつかえなければ掲載くださいませ。
三好鋭郎(えつお)
 
私は1939年に香川県に誕生しました。母は生後間もなく小児麻痺にかかった私を抱え、一心不乱で四国から関西一円の病院を駆け巡りました。私が小学校に入ったころにあきらめて、大本の活動に没頭するようになりました。母は大本の「エスペラント友の会」の会長となり、資金集めのために日本中を奔走しました。エスペラント活動は、私の右足がビッコになったことと密接につながっています。私の病が母をゆるぎない信仰へとみちびき、私もエスペラントを選択し人生を賭けています。英語圏に生まれた人間だけが生れながらにして特権をもつ、世界最大の人権侵害を無くするという、とてつもない不公平に立ち向っています。
55歳になってから学び始めましたので、外人教師を招聘するしかないと考えました。ニュージーランド・エスペラント協会会長だったサットンさんが応募してきました。「旦那も一緒でいいですか」と言われ「2人でおいでください」と返事しました。さらに「猫がいるのですが」にもOKしましたが、彼女の隣人が世話をしてくれることになり、1995年4月から特訓が始まりました。
2人目はベルギーの先生で、イラン、英国、オランダ、オーストラリア、インドから招聘し続けました。8人目はアルゼンチンのアティリオ氏で、10ヵ国語に通じる語学の天才です。
 
2014年の1月からアティリオ氏の協力により、英文のツイッターで「ツブヤキ」続けている内容をお伝えします。
 
1月15日:不幸にも世界のリーダーは、言語差別の巨大性を認識していません。
1月16日:英語の支配は数千の言語、文化、習慣を日々抹殺し続けています。
1月26日:毎年70万人ものEUの学生が英国に留学していて、英語を学ぶために毎年2兆3千億円も負担していますが、誰もが英語国の人たちのレベルに達することができません。
1月27日:EU諸国の7,300万人が英語を学んでいて、その費用は毎年35兆円に及びますが、英語国の人達のレベルにはほど遠い状況です。
1月30日:英米人だけが外国語を学ぶ必要がなく、人類の負担は毎年600兆円を超えている!これってフェアーなの?
1月31日:ブリュッセルの国際機関の求人広告の多くは、太字で英語力が必須だと訴求し、小文字で母親から学んだ英語に限ると書かれています。
2月3日:オバマ大統領は「凡ての人々の自由と平等のために戦います」と述べました。一方で、アメリカは言語の不平等化をリードしていませんか?
3日8日:英語のaには7つもの発音がありますが、エスペラントは一字一音で、a b cと書いて「アー・ボー・ツォー」と発音します。
3月9日:愛はエスペラントでAmo(アーモ)ですが、後ろにis as osが付くと過去、現在、未来となり、Amis(アーミス) Amas(アーマス) Amos(アーモス)で、例外がありません。
3月13日:単語の6-7割は西ヨーロッパ語を採用しています。Muzeo, Hotelo, Gasoなどなどです。
3月14日:欧州人ですと、エスペラントは英語を学ぶ1/10の労力で国際人になれると言われています。
3月15日:エスペラントは極めて短期間で習得できその成果は巨大です。誰もがエスペラントのメリットを覆い隠すことはできません。トルストイ。
3月17日:1904年のノーベル科学賞授章者ウイリアム・ラムゼ氏など、エスペランティストの同受章者は6名もいます。
3月22日:1994ノーベル経済学賞の受賞者ラインハルト・ゼルテン氏は1002年の EU議会で「公平な世界の為にはエスペラントの採用が不可欠だ」と講演しました。
 
5月末までの135日間に、私がツイッターでツブヤイタのは約600回です。私が注目し追っかけている方々は、EU議会議員784名と同ジャーナリスト合わせて約2,000人です。私の文章に注目して追っかけてくれているのは、毎日数名づつ増えて144名となりました。いつか何かが起こることを期待して辛抱づよく続けています。毎日何人か増えて何人か離れてゆく苦戦を続けていて、いつ突破口が訪れるかわかりません。
 
多くの友人から「世界の共通語は英語です。君の労力の無駄遣いになるだけです!」と忠告されつづけています。ほんとうにそうでしょうか?
私はフランス革命、アメリカの奴隷解放、欧米列強によるアジア・アフリカ諸国の植民地統治からの独立運動に匹敵する、人類を差別から解放する運動だと思っています。
大本三代教主のご主人故出口日出麿師からは「何ごとも成し得ないかもしれないが、成そうと努力した跡だけでも残さなければならない」と教えられています。
「エスペラントは人類を永遠に幸福にします。簡単には実現しないでしょうが、諦めないで努力を続けることが大切です。世界には不可能だと思われていることが、ベルリンの壁のように突然に実現することも事実です」と述べられたのは、大本の出口紅五代教主です。
 
私は若いエスペランティストの皆さんの活動に、大いに期待しています。言語差別のない明るい未来のために、努力を続けられますよう念じています。三好鋭郎(えつお)

2014年7月12日土曜日

京大エス研的ビルマ料理を食す会

Saluton, amikoj!  Min ga la ba, hta min sa pi bi la?

今日は京大のメンバーでビルマ料理を食す会に参加した話をします。
もう1ヶ月ほど前の話ですが、知人(日本人)お手製のミャンマー風料理を御馳走になりました。
料理の名前も覚えておらず、写真もないのが痛いところですが…。

私もたまたまミャンマーを旅行したことがあるのですが、本場のビルマ料理は凶悪なほど油まみれです。
地理的な理由もあってか、インド料理とタイ料理の中間のような雰囲気もあるのですが、そのどちらよりも油が多い。
ある旅行ガイド曰く「油でお腹が疲れてきたとき、中華料理屋に行くとほっとする。」
日本人がしばらく滞在すると必ず一度はお腹を壊すという話があります。
よく例に挙がるのはカレーで、ミャンマーのカレーはルウと油の2層構造から成り、その中に具がごろごろと転がっています。

飲食店でビルマ人の食事風景を見ていると、皆器用に油を落としてから食べているではありませんか。
現地人も油食わんのかい。

問題なのは味で、これがまた美味しい。
美味しいからほいほい食べる、油が多いからお腹を壊す。
悩ましいところです。

さて、その知人の作った料理ですが、油も控えめ、味も(料理名は忘れたけど)以前食べたような懐かしい味わいで、美味しゅうございました。

(白)

2014年6月30日月曜日

Paŝo N-ro 3 発行

Paŝo N-ro 3

学生エスペラント界を活発化させるためのひとつの提案(東京工業大学:浅尾崇史)
エスペラントと私(北海道大学:覚知頌春)
エスペラント語との出会い――エスペラントが持つ文化について(国際基督教大学:松本苑子)
百年の言語、千年の定型 (2) 希望と意志(専門学校:石井僚一)
緑の書架 第3回 大島義夫『新稿 エスペラント四週間』(京都大学:白川友磨)
Novaĵoj  小浜の日本大会 学生同士で集まりませんか?
記事・編集者募集中
-- 
Paŝo 編集部
Redakcio de Paŝo
 < pasxo.esperanto (a) gmail.com >

2014年6月14日土曜日

北大エス研の映画上映会①


2014年6月12日19:00より札幌市某所で北大エスペラント研究会による映画上映会が開催された。新たに、言語を専門とする秀才たちを迎えた北大エス研であるが、いまだ文法も終えずに、映画を観ている次第である。上映会は二本立てであったが、今回は、そのうちの一本をネタバレしない程度に紹介(宣伝)しようと思う。


「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」

とんでもない名作があったもんだ。
「うる星やつら」を知らなくとも全く問題はない。
そんなもの初めて聞いたという人でさえ、ストーリーが理解できないなんてことはまずない。
とにかく、原作がどうのこうの、アニメだからどうのこうの、そういう偏見は一切捨ててまずは観るべきだ。なんたって監督は、他人のキャラクターを使って作品を作ることにかけては天才の、あの押井守なのだから。 

この作品を一言で表せば、「夢と現実の混合」であろうか。
とにかく夢と現実がごっちゃになる。そして、シュールでどこかサイケデリックな映像が渦巻く。そんな世界観に、うる星やつら特有の、あのわいわいと賑やかな感じが合わさってなんとも言えない味を出しているのだ。もしこの作品がアニメでなかったら、そしてうる星やつらのキャラクターでなかったら、きっとこんなにもぼくらの心を掴まなかったと思う。

アニメや漫画に釘付けになりながら、幼少期、さらには青年期までもを過ごしたぼくらの多くは、二次元と現実とをごっちゃにしながら、なんとかそれらを統合しようと試みながら、結局両者をはっきりと区別するようになってしまった・・・
でも「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」を観た後、ぼくらはもう一度その区別を取っ払って、アニメを現実に、現実をアニメにしてしまおうと決意した。現実か夢か、現実かアニメか、そんなことはどうでもいい。この世界を夢だと思って生きてればなんだってできる。もうめちゃめちゃにしてしまおう。



最後にこの映画の素敵なセリフをひとつ。

「お兄ちゃんはね、好きな人を好きでいるために、その人から自由でいたいのさ。」
 

2014年5月31日土曜日

Paŝo N-ro 2 発行

Paŝo N-ro 2

筑波エスペラントクラブの新入生紹介(宮沢萌・園山明里・阿羅さち野)
エスペラント語の出会いと、今後の決意(創価大学:関根一昌)
百年の言語、千年の定型 (1) エスペラントと短歌(専門学校:石井僚一)
ジブリ映画「かぐや姫の物語」を観て―日本浪漫派としての高畑勲―(北海道大学:KZ)
Solparoleto de LuMo - Bildolibro de Saori(筑波大学:LuMo)
緑の書架 第2回 金田一春彦『日本語 新版(上)・(下)』(京都大学:白川友磨)
Novaĵoj  -NASK  -Teo・Amo – Konkurso de Mallongaj filmoj
記事・編集者募集中

-- 
Paŝo 編集部
Redakcio de Paŝo
 < pasxo.esperanto (a) gmail.com >

2014年4月30日水曜日

Paŝo 創刊

 はじめまして、Paŝo 編集部です。この度、学生のためのエスペラント誌 ”Paŝo” を発刊することにしました。
 わたしたち学生が、全国の学生とエスペラントを通じて連携し、日本のエスペラント界で存在感を示すために執筆しています。これからの Paŝo の活躍、そして学生の活躍にご期待下さい。
 なお、配信や記事内容、その他 Paŝo についてのご質問・ご意見等は当編集部までご連絡下さい。

    Jen estas virga bulteno de porstudenta gazeto pri Esperanto, "Paŝo".  Ni, redaktoroj de Paŝo celas teni kontakton inter studentaj interesitoj pri Esperanto kaj okazigi novan ondon en japana movado.  Por ne ignori eĉ novan komencanton, Paŝo estas plejparte skribita en la japana lingvo kun ties resumo en Esperanto, ĉiu ajn do povas facile tralegi niajn artikolojn.  Bonvole atendu, ke studentaj paŝoj vigligu japanan Esperantujon. 
    Se vi havus demandon pri sendo, artikoloj aŭ aliaj aferoj pri Paŝo, senhezite sciigu nin. 
-- 
Paŝo 編集部
Redakcio de Paŝo
 < pasxo.esperanto (a) gmail.com >